かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「かみの工作所のひとたちのかみにかけるおもい展 」
期間:2010年8月28日(土)~ 9月26日(日)
場所:ワタリウム美術館ミュージアムショップオン・サンデーズ
「かみの工作所」のディレクションを担当している三星安澄の作品を中心に、福永紙工の職人さんたちの紙にかける情熱を紹介しようと思います。ぜひ、この機会に、手にとってその紙にかけられた想いを感じてもらえるとうれしいです。

会場構成:三星安澄


「interiorlifestyle 2010 」
期間:2010年6月2日(水)~6月4日(金)
場所:東京ビックサイト
進化し続ける「かみの工作所」。印刷加工工場とさまざまなデザイナーとの出会いから生まれるかみの道具たち。その可能性は、無限大。今年も、「器」「ノート」「祝儀袋」など思いがけない発想のデザイン性に優れたかみの道具を発表します。

会場構成:トラフ建築設計事務所


「紙の歩行者天国展 」
期間:2010年2月2日(火)~2月28日(日)
場所:東急ハンズ銀座店 
メイン展示では、紙の道具の中から、建築家の寺田尚樹さんの1/100添景セットを使って、みんなといっしょに銀座の「歩行者天国」をつくりたいと思います。もちろん、これまで3年間かけて商品化した紙の道具も勢揃いします。

会場構成:寺田尚樹


「トクショクシコウ展 」
日時:2010年1月29日(金)~2月21日(日)
場所:AXIS リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」
紙を加工してできる道具の可能性を指向する「かみの工作所」。
6組のデザイナーといっしょに「特色」を活かしたペーパープロダクトを思考しました。
イロから発想し、カミをいじり、工場とやりとりしながら試行錯誤の末にたどり着いたカタチ。
紙工から生まれる至高のプロダクトが皆さんの嗜好に合うと幸いです。

参加デザイナー(特色)|大友 学(赤)、トラフ建築設計事務所(緑)、菊地 敦己(青)、NIIMI(白)、藤森 泰司(茶)、三星 安澄(金)

会場構成:トラフ建築設計事務所


「interiorlifestyle 2009」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店



「かみの道具展 2009」
会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

くわしくはこちら



「かみの道具展 2007」
会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

参加デザイナー|andesign、大治将典、sign、ドリルデザイン、三星安澄
かみの工作所の行く年来る年

かみの工作員の三星です。

ちょっと昔だったらSFの話しになっていたような2010年という年も
あともう数日で終わろうとしています。
かみの工作所の今年はとても大きな一年となりました。


AXIS 020.jpg

リビングモティーフで行われた「トクショクシコウ」展では
新しいデザイナーとの出会いがあり、
6つの新製品を提案しました。


IMG_2691.jpg

その後「interiorlifestyle」ではそれらの製品をみなさんにお届け出来るように
完成度を高めて紹介することができました。

デザイナー自身が説明したこともあって、
昨年よりもよりたくさん人たちと
お話しすることができたと思います。


100915_Spiral-B010.jpg

また、今年はこれらの展覧会でのご縁もあり、
「金沢21世紀美術館」「日本橋三越」「SPIRAL MARKET」「オンサンデーズ」「青山ブックセンター」「伊勢丹新宿店」「国立本店」などの素敵なお店で
製品を紹介できる機会を頂きました。


このように今年はいろいろとみなさんに
直接お会いできる機会があったかみの工作所ですが、
来年の活動も水面下で進めております。


その名も「かみの道具4 ネンチャクシコウ」展。
新たなデザイナーを迎え、6組のデザイナーが
紙の道具を提案します。

今回のテーマはタイトルにもある「ネンチャク素材」です。
シールや両面テープなどの素材を使って、
加工+粘着で新たなプロダクトを提案します。

今回の参加者は
安積伸さん、サダヒロカズノリさん、寺田尚樹さん、トラフ建築設計事務所、山田佳一朗さん、そして三星の6名。

今回もパワフルなメンバーに集まって頂きました。

R0017079.jpg
「ネンチャクシコウ展」
2011年3月25日(金)~4月17日(日) 11:00~19:00
AXIS リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」内

既にデザイナーたちとの打ち合せも重ね、
これまでの製品になかった新たな提案が生まれつつあります。

どうぞ御期待ください!

さらにさらに、ここではまだ書けない他のプロジェクトも進行中。
2011年もかみの工作所は紙の可能性を拡張すべく邁進していきたいと思います!

来年もどうぞよろしくお願いします!

| イベント | 2010.12.30 |
かみの工作所 in 伊勢丹 DESIGNTIDE

R0016727-.jpg

工作員の三星です。

本日11/26より、かみの工作所は伊勢丹新宿店にて、
展示販売会を行っております。

R0016724-.jpg

今回は「1/100建築模型用添景セットシリーズ」を大フューチャー。
期間限定発売の「NO.8クリスマス編」に引き続き、
「NO.9 オーケストラ編」を先行販売にて発表しています。

R0016597.jpg

新作 「NO.9 オーケストラ編」

会場構成は「1/100建築模型用添景セットシリーズ」の
デザイナー寺田尚樹さんにお願いしました。

R0016716-.jpg

限定、新作の文字がならびますが、
さらにもう一つ今回のためにスペシャルなものも用意しました。

これまで展示品としてしか店頭に置かれていなかった、
「完成品(クリスマス編)」も数量限定で販売しています。

R0016720-.jpg

小さく積まれた完成品。美術品のようなクオリティです。

他製品でも「紙の壺」が装いも新たに改良版として
今回から発売を開始しているほか、
かみの工作所の全製品をひとつひとつゆっくり見られる貴重なチャンスです。

是非、デザインウィークのこの期間、
伊勢丹新宿店まで足を運んで頂ければ幸いです。

DM_101025.jpg

会期:2010/10/27(水)-11/9(火)
会場:伊勢丹新宿店 本館6F ステーショナリー
ISETAN LIVING DESIGNTIDE TOKYO 2010
時間:10:00-20:00 期間中無休
URL:http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/1010designtide/index.html

| イベント | 2010.10.27 |
青山スパイラルでの展示がはじまりました。

spiral.jpg

現在、青山スパイラルにて開催されている、
「SPIRAL MARKET LIMITED SELECTION」に参加しています。

これはSPIRAL MARKETにて取り扱っている
ペーパープロダクトを一同に集めた展覧会。

R00163910.jpg

かみの工作所は1Fスパイラルガーデンにて、
「空気の器」をつかったインスタレーションを行いました。

会場構成はトラフ建築設計事務所。

R00163820.jpg

新色「白」を500個以上つかい、
会場全体が空気の器の世界に包まれています。

R00163960.jpg

とにかく!すごいです!

是非、会期中ご覧になってください。

--------------------------------------------
「SPIRALMARKET LIMITED SELECTION」

日時|2010|9|11|土|- 9|23|木|
   11:00~20:00 ※初日のみ23時まで時間延長
会場|スパイラルガーデン(スパイラル1F)
東京都港区南青山5-6-23
TEL:03-3498-1171

【関連イベント】
萩原修×鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)トークショー
9|20|月・祝|13:00~13:30(予定)

かみの工作所 『空気の器』 ワークショップ
14:00-15:30(予定)
内容詳細はWEBをご覧ください。
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2010/09/spiral-market-limited-selectio.html

--------------------------------------------

| イベント | 2010.09.11 |
「かみの工作所のひとたちのかみにかけるおもい展」開催!

100828DM_web.jpg

「三星さん、刷り始めてすこしすると位置があってくるでしょ。
こればっかりはうまく言えないけど勘なんですよ」

今日、ある立ち会いで印刷所に行ったとき、
いつもは理論的に説明してくれる職人さんにこんなことを言われました。


ぼくが「かみの工作所」のディレクターとして福永紙工に通い初めて丸4年。

何度も職人さんと相談し、
彼らの知識や経験や技術に支えられて、
紙の可能性をひろげるべく様々なチャレンジをしてきました。


現在、外苑前オンサデーズにて開催している
「かみの工作所のひとたちのかみにかけるおもい展」は
そんな職人さんたちの姿をぼくの製品を交えて紹介した小さな展覧会です。

100730_kamikosaku_064.jpg

紙を運ぶひと、切るひと、印刷するひと、
抜くひと、組み立てるひと、届けるひと。

一枚の紙を製品に仕上げるまでにたくさんのひとの手を通っています。

そのひとはどこにでもいるだれかではなくて、
尾崎さんとか青木さんとか福永紙工に勤める職人さんたちひとりひとりです。

100730_kamikosaku_003.jpg

今回はそんな職人さんたちのかみにかけるおもいを紹介をしたいと思い、
こんな展覧会にしてみました。

R0016323.jpg

いつものかみの工作所の展覧会とは違って、
すこしウェットな展示かもしれませんが、
是非、展示を見て紙の可能性を広げるもう一つの担い手に
興味をもってもらえたら嬉しいです。

かみの工作所ディレクター 三星安澄

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「かみの工作所のひとたちのかみにかけるおもい展」

2010|8|28|土|- 9|26|日|
11:00-20:00 毎週水曜日は 21:00まで 
会場|ワタリウム美術館ミュージアムショップオン・サンデーズ
渋谷区神宮前3-7-6
Tel: 03-3470-1424

企画|萩原 修 マネージメント|山田明良 グラフィックデザイン|三星安澄 写真|大倉英揮

| イベント | 2010.09.06 |
かみの工作所 in 福岡

福岡の陶器と雑貨のお店kozakuraさんで

「1/100建築模型用添景セット」と「1/50建築模型用添景セット」を中心に展示販売しております。
お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

日時:2010年7月14日(水)~8月1日(日)
12:00~19:00
会場:kozakura
福岡市中央区今川1-10-44
http://www.kozakura.jp/

DSC02710.jpg


DSC02996.jpg


DSC02995.jpg


| イベント | 2010.07.22 |
interiorlifestyleの会場

IMG_2698.JPG

工作員の三星です。

前回お伝えした今年のinteriorlifestyleへの参加も
無事全日程を終了致しました。

今年も本当に多くの方とお会いして、
かみの工作所の製品についてお話しすることが出来ました。

IMG_2725.JPG

多くのブースがそうであるように、
かみの工作所も、自分たちの考えを少しでもきちんと伝えられるように
ブースの作り方を真剣に考えてしつらえています。

今回はその様子を少しだけお伝えします。

IMG_2607.JPG

手前に見えているのは寺田尚樹さんの添景セットシリーズ。
新作の「サッカー編」にあわせて1/100のサッカースタジアムが!

展示でもひときわ目をひいていて、多くのお客さんがサッカー場の前で足をとめていました。
※6/11〜7/11の間、このスタジアムをリビングモティーフさんにてご覧頂けます。

IMG_2606.jpg

ブブゼラの音が聴こえてくるようです。

添景シリーズは今回から「No.6 ニューヨークストリート編」「No.7 サッカー編」「1/50添景セットシリーズ」が新作として加わりました。

その隣はトクショクシコウ展からの新製品のコーナーです。

IMG_2620.JPG
手前はトラフさんの「空気の器」のコーナー。

一枚から生まれる様々な形の器が繊細な表情をみせています。

IMG_2637.JPG

そしてその奥にはNIIMIさんの「かみのかけら」や

IMG_2638.JPG

大友学さんの「折水引

IMG_2645.JPG

そして様々な色が加わった藤森泰司さんの「ToNoTe」や

IMG_2650.JPG

私三星の「ネジフタ」が並びます。

「折水引」の写真に写っていますが、今回、デザイナー自らが製品の映像を作成し、それも一緒に会場で流していました。

みなさんそれぞれに作り方が異なり、個性のある映像になっていました。
それを観ているだけでも楽しい展示になっていました。
(一部はかみの工作所のサイトでも観ることが出来ます)

IMG_2727.JPG

デザイナー自らが会場にたって、製品の説明をしていたのも好評頂きました。

冒頭に「他のブースと同じように」と書きましたが、
かみの工作所独自の方法として、
デザイナー同士が互いに影響しあいながら
展示に作っているという点があげられると思います。

通常、このように多くのデザイナーが関わっているプロジェクトであったとしても、
一人のデザイナーが全体をまとめあげることがほとんどです。

しかしかみの工作所ではデザイナー同士が相談しあい、
他のデザイナーの展示に触発されて
アイデアを出し合うことで、
どんどん内容に厚みを増しながら全体がまとまっていきます。

IMG_2709.jpg

一枚の紙が浮いているような展示。会場構成:トラフ建築設計事務所

今回の映像やデザイナーによる説明なども
こういう流れの中で出てきたアイデアの一つでした。

この流れはかみの工作所プロジェクトのデザイナー達ならではの
雰囲気の中で生まれるもののような気がします。

展示にいらしたのかたに、
そんな空気も一緒に伝われば嬉しく思います。

| イベント | 2010.06.16 |
インテリアライフスタイルに向けて、続々と準備が進んできました。

web_parts.jpg

工作員の三星です。

先日もお伝えしましたが、かみの工作所は今年も6月のinterior lifestyleに出展致します。
今日はその準備の様子をみっちりぎっしりお伝えしようと思います。

R0015681.jpg
ラストの追い込み。蛇腹折りのカタログを検品中。

現在、工場内ではその最後の準備をしている真っ最中。
毎度、ギリギリまで製作しています。

今回、企画を萩原修さん、会場構成をトラフ建築設計事務所、
グラフィックデザインを三星が担当しています。


今回の展示のテーマの一つは「1枚の長い紙」。


R0015692.jpg
DMを広げるとびろーんと長い1枚の紙があらわれます。

会場も長ーい紙の上に製品が並べられていたり、
DMの封筒も長ーい紙を何度も折り曲げて作られていたり、と
普段は断裁されて作られる印刷物をできるだけ長い状態で表現しようとしています。


R0015612.JPG
DMの刷り上がり。長手もそうですが短手も紙をギリギリまで使っています。

今回のカタログの蛇腹折り、というのも「長い紙」というテーマの中から生まれました。
DMと同じように、長い紙が折りたたまれることで出来上がるカタログ。
出てきたアイデアをその場で山田社長と確認し、
最大に印刷出来るサイズ、ページ数を計算してデザインに入りました。


R0015554.jpg
カタログの全ページ(の片面)が印刷された1枚。

しかも蛇腹折りの場合、トンボによる印刷と印刷の隙間が
通常のページものよりも格段に少なくてすみます。
結果、1枚の紙にこれ以上ないくらいミッチリ詰まった印刷物ができました。


R0015556.jpg
色味をあわせるために、実物と比較。

ただ印刷はその分、難しくなります。
どこかの色味を変えようとすると、その影響が他のページにも出てしまうため、
細部と全体を少しずつみながら微調整をしていきます。

R0015574.jpg
そして出来上がった印刷。どこで切れるのかよくわからないくらい詰まっています。右端に見える色面は表紙になる部分です。


本紙の次は表紙です。
今回の表紙は色のついた厚紙へ抜き加工することにしました。
印刷は行わず、抜いた穴から本文に印刷された文字が見える仕様です。
こうすることで、コスト削減しつつその分いろんな色の紙を選択することもできました。


R0015703.jpg
そして出来上がったカタログ。びろーんを伸ばすと約800mm。一覧するにもちょうどいいサイズです。

蛇腹折りを施し、表紙に厚紙(型抜き加工済み)を貼って出来上がったカタログ。

トクショクシコウ展からの新作(青)と、
ますますバリエーションが広がった「建築模型用添景セットシリーズ」(黒)、
そしてこれまでの製品を集めたもの(黄)の3冊の分冊としました。

カタログの上下には切り欠きがあって、ゴムで三冊を束ねることも可能です。

今回もかみの工作所らしいカタログが出来たのでは!と自負しています。

会場でお配りしますので、是非かみの工作所ブースへいらしてください!


ーーーーーーーーーーーーーー
「国際見本市インテリアライフスタイル」

会期:2010年6月2日(水)~6月4日(金)
   10:00~18:00(最終日は17:00まで)

会場:東京ビッグサイト
 http://www.bigsight.jp/index.html
    Booth no.1F West Hall 2 18-01

| イベント | 2010.05.27 |
金沢21世紀美術館 museum shop 2にて展示販売会が開始しました!

R0015269.JPG

本日4/6から3週間の間、金沢21世紀美術館のmuseum shop2にて
かみの工作所の展示販売会を開催しております。


本展では、「トクショクシコウ展」で評判だった新製品のほか、
「かみの歩行者天国展」でお目見えした「添景セットグリーティングカード」など、
これまでのかみの工作所の製品も含めて一気にご紹介しています。


R0015282.jpg


展示は寺田+三星コンビで行いました。


21世紀美術館はSANAA設計のとても美しい透明感のある美術館で、
museum shopも同じく軽やかな設計がされています。

R0015270.JPG
会場に浮いている「空気の器」。見る場所によって色が鮮やかに変わります。今回は新しい配色のものも先行販売しています。


本展ではその空間性に寄り添うように、
浮遊感のなかに驚きがあるような展示をしています。


R0015253.JPG
寺田さんの超絶テクを発揮中。細いテグスの上に一生懸命何かを載せています。

展示をよく見ると一本のテグスが机に降りてきていてそれに添景の人たちが集まっています。


R0015277.JPG
アクリルケースから飛び出た添景セットたち。


よく見ると、、、、


R0015261.JPG
なんとテグスを伝って会場内に添景セットが広がっています。


会場内の色々な所を旅している添景セットは
それぞれにストーリーが読み解けるので是非探してみてください。


R0015286.JPG

この時期、隣の兼六園の桜も見事です。

是非お近くにご寄りの際は足をお運びください。


日時:2010年4月6日(火)~2010年4月25日(日)
   10:00~18:00 (金・土曜日は20:00まで)

休館日:毎週月曜日

会場:金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ2
   石川県金沢市広坂1丁目2番1号
   http://www.kanazawa21.jp/index.php


参加デザイナー:
EDU、大治将典、オオノ・マユミ、大友 学、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、トラフ建築設計事務所、DRILL DESIGN、NIIMI、passkey design、藤森 泰司、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター、

| イベント | 2010.04.06 |
紙の歩行者天国展開催

R0014878.JPG

先日の六本木アクシスさんでの「トクショクシコウ展」に引き続き、
本日より銀座HANDSさんにて「紙の歩行者天国展」が開催されました。

今回の展示は寺田さんの「1/100建築模型添景セット」を使って、銀座の歩行者天国をみんなで作っています。
「みんな」とはテラダデザインのスタッフと、本展のために集いし武蔵野美術大学の学生さんたちです。

R0014850.JPG
今回手伝ってくれたのは山本佳代子さん、清水友紀子さん、森彩香さん、小原晶子さん、望月和也さん、二反田和樹さん、上阪弦さん、萩原菫さんの8名。


今回のために用意した特製カラフル添景セットを、30度カッターとピンセットを駆使して、銀座の街に次々とシーンを作っていってくれました。

R0014853.JPG
紙芝居をしている人もいればー、


R0014862.JPG
猿で大道芸をするひとや


R0014861.JPG
中国雑技団のような一行も。


R0014887.JPG
そしてなんとビートルズまで!


これは全体のほんの一部分。
たくさんのシーンのつまった銀座の歩行者天国が会場で待っています。
是非お気に入りのシーンをみつけに会場まで来て下さい。

来場者も参加することができる、ワークショップも開催予定です!


R0014872.jpg
---------------------------------------------------------------

「紙の歩行者天国展」


日時:2010年2月2日(火)〜2月28日(日) 
11:00〜21:00 (最終日17:00)

会場:東急ハンズ銀座店 
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート 7Fインスピレーション
http://ginza.tokyu-hands.co.jp/

○新作「1/100建築模型用添景グリーティングカード」全5種類を、「紙の歩行者天国展」期間中に限り、東急ハンズ銀座店にて先行販売をいたします。

○寺田尚樹氏による「ワークショップ/実演販売」を下記日程で行います。(参加費は無料、お申し込みの必要はございません。)

2/11(木)14:00〜16:00
2/27(土)14:00〜16:00

| イベント | 2010.02.02 |
次回展示会のお知らせ





かみの工作員の三星です。



現在かみの工作所では次なるイベントのために水面下で動いています。



次回のイベントは過去にも「つくし文具店」「美篶堂」で行った、

デザイナーによる紙のプロダクト製品の提案「かみの道具展」の第三段です。



参加されるのはいづれも多方面で活躍するデザイナーばかり。



プロダクトデザイナーの大友学さん。

建築家のトラフさん。

グラフィックデザイナーの菊地敦己さん

プロダクトデザイナーのNIIMIさん。

家具デザイナーの藤森泰司さん。

そして私、三星安澄の6名です。



今回も豪華なメンバーが、かみの工作所に参加してくれました。



そして今回の展示はこれまでとは違い、

参加者に一つのテーマが与えられています。

それは福永紙工の特徴である「特色印刷」をすることです。



「特色」とは通常のCMYKの色を掛け合わせてカラーを表現するのとはことなり、

色を特別に作り出して印刷することを言います。





バットで色を練って、特色を調合します。



福永紙工の本業では、企業の名刺などを印刷することが多く、

コーポレートカラーを印刷するのに正確に色を作り出し、

印刷することを得意としています。



グラフィックデザイナーには馴染深い「特色」ですが、

これを他分野のデザイナーがどう解釈し、

どのように製品に使うのかも一つのポイントになります。





トラフさんの提案。まだ見せられませんが、他のデザイナーからは「その手があったか!」という感嘆の声が。



開催は2010年1月29日(金)〜2月21日(日)。

場所はAXIS リビング・モティーフ B1F 「ビブリオファイル」にて行います。



既に数回、デザイナーとの打ち合わせを重ねておりますが、

面白い提案ばかりです。

今回も新しい紙の可能性をご覧頂けるかと思います。







また詳細が決まりましたら本サイトおよびこのblogで報告します。

| イベント | 2009.11.24 |