かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「かみの工作所のひとたちのかみにかけるおもい展 」
期間:2010年8月28日(土)~ 9月26日(日)
場所:ワタリウム美術館ミュージアムショップオン・サンデーズ
「かみの工作所」のディレクションを担当している三星安澄の作品を中心に、福永紙工の職人さんたちの紙にかける情熱を紹介しようと思います。ぜひ、この機会に、手にとってその紙にかけられた想いを感じてもらえるとうれしいです。

会場構成:三星安澄


「interiorlifestyle 2010 」
期間:2010年6月2日(水)~6月4日(金)
場所:東京ビックサイト
進化し続ける「かみの工作所」。印刷加工工場とさまざまなデザイナーとの出会いから生まれるかみの道具たち。その可能性は、無限大。今年も、「器」「ノート」「祝儀袋」など思いがけない発想のデザイン性に優れたかみの道具を発表します。

会場構成:トラフ建築設計事務所


「紙の歩行者天国展 」
期間:2010年2月2日(火)~2月28日(日)
場所:東急ハンズ銀座店 
メイン展示では、紙の道具の中から、建築家の寺田尚樹さんの1/100添景セットを使って、みんなといっしょに銀座の「歩行者天国」をつくりたいと思います。もちろん、これまで3年間かけて商品化した紙の道具も勢揃いします。

会場構成:寺田尚樹


「トクショクシコウ展 」
日時:2010年1月29日(金)~2月21日(日)
場所:AXIS リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」
紙を加工してできる道具の可能性を指向する「かみの工作所」。
6組のデザイナーといっしょに「特色」を活かしたペーパープロダクトを思考しました。
イロから発想し、カミをいじり、工場とやりとりしながら試行錯誤の末にたどり着いたカタチ。
紙工から生まれる至高のプロダクトが皆さんの嗜好に合うと幸いです。

参加デザイナー(特色)|大友 学(赤)、トラフ建築設計事務所(緑)、菊地 敦己(青)、NIIMI(白)、藤森 泰司(茶)、三星 安澄(金)

会場構成:トラフ建築設計事務所


「interiorlifestyle 2009」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店



「かみの道具展 2009」
会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

くわしくはこちら



「かみの道具展 2007」
会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

参加デザイナー|andesign、大治将典、sign、ドリルデザイン、三星安澄
ネンチャクシコウ展 終了しました

R0010075.jpg


ここでも数回にわたって紹介しておりました、
かみの工作所の新作発表会
「かみの道具4//// ネンチャクシコウ展」が
無事、会期を終了いたしました。


R0010067.jpg


期間中、本当にたくさんの方にお越し頂き、
実際にデザイナーのネンチャク質なこだわりを体感していただけました。


R0010064.jpg


実際に店頭に立ち、
来場頂いたみなさんと直接お話することで、
いろいろな反響を頂きました。


R0010072.jpg


「粘着材」と「紙工」を組み合わせること。

デザイナーだけではなくて、製作側としても例のない試みに
社内としても難しい点が多々あった今回の展覧会ですが、
紙の新しい可能性をまたすこし切り開けたような気がします。


R0010573.jpg

ありがとうございました!

| イベント | 2011.05.23 |
ネンチャクシコウ展 映像のご紹介

工作員の三星です。

現在開催中の「かみの道具4//// ネンチャクシコウ展」ですが、
残す所会期もあと1週間となりました。

今回の展示では映像を使用した作品が幾つかあります。

この記事ではそんな作品たちを幾つかご紹介しようと思います。

まずは寺田尚樹さんの「Par Avion よく飛ぶ紙飛行機便箋」

そしてトラフ建築設計事務所さんの「tapehook」

そして最後が私三星の「オリボン」です。

ネンチャクを観れるのも残りわずかとなりました。

是非会場までいらしてください。



「ネンチャクシコウ展」
紙を加工してできる道具の可能性を粘り強く追求する「かみの工作所」。
第4回となる「かみの道具」の発表は、「粘着」の技術を活かしたプロダクトです。6組のデザイナーが、紙を貼ったり剥がしたりしながら、暮らしにぴったりとくっつく道具を考え、提案します。
会場では、本展作品の発表と販売、併せてこれまでに商品化された「かみの工作所」プロダクトの販売を行います。
1年に1度の新商品発表、是非この機会にみなさまにお会いできるのを楽しみにしています。
http://www.kaminokousakujo.jp/exhibition/index.html


■会期 2011年4月27日(水)~ 5月22日(日)11:00~19:00 (無休)

■会場 リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」内
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル
リビング・モティーフ B1F 
Tel: 03-3587-2784 URL: www.livingmotif.com

| | 2011.05.16 |