かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 」
○期間:7/20~8/3
○かみの工作所フェア 開催記念
寺田尚樹 実演販売会+トークショー with萩原修

○日時:7/31
 19:00-21:00 実演販売会
 21:00-21:30 トークショー
○場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店内カフェスペース 「かみの工作所フェア(7/20~8/3)」を記念して、「1/100建築添景セット」のデザイナー寺田尚樹氏の実演販売+トークショーを開催します。 あの添景セットはいかにして生まれたのか。当日は氏自らによる、添景セットの組み立て講座も開催。超絶テク&トークにご期待ください!


「かみの工作所 in オリオン書房」
立川発の「かみの工作所」に触れてみてください。
紙を加工してできる暮らしの道具を提案している「かみの工作所」が、実は、地元の立川にある紙の加工・印刷会社「福永紙工」のプロジェクトなのを知っていましたか。
「福永紙工」と、国立にある「つくし文具店」との出会いをきっかけに、2006年4月1日にはじまった「かみの工作所」は、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、そして建築家など様々なジャンルのデザイナーに声をかけ、紙を加工する現場を見てもらい、やりとりを重ねながら、これまでになかった独自の紙の道具を、丁寧につくっています。
今回、同じく地元の立川を中心に展開している「オリオン書房」では、「かみの工作所」の取り組みに共感し、フェアを開催することで、地元の方々にこのプロジェクトを知ってもらいたいと考えました。地域の企業が緩やかに連携することで、地域独自の文化が育まれることに少しでも貢献できたら幸いです。どうぞ、立川発の「かみの工作所」のつくり出す「紙の道具」を、手にとって、紙を加工する楽しさに触れてみてください。

○展示販売期間:7/27-8/31
○場所:オリオン書房 ルミネ店(8F)、ペーパーウォールエキュート立川店

○共催:オリオン書房、福永紙工株式会社


「国際見本市 インテリアライフスタイル」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。
「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクトです。 このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。 これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の 窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。 この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。
参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店

一枚の紙から何ができるのか。 こどもの頃に、誰もが経験している「かみの工作」 おとなになっても、忘れられない「かみの工作」 青山と国立の2カ所に期間限定の「かみの工作カフェ」が開店。 お茶でもしながら、かみと戯れる時間を楽しんでもらえると幸いです。
デザイナーによる「かみの道具」の販売や、「かみの工作教室」も予定しています。



「かみの道具展」

会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

かみの工作所では、さまざまなデザイナーと共同で、紙を加工したモノの可能性を追求しています。今回の展覧会では、6組のデザイナーによる、暮らしや仕事や遊びなどで使う「かみの道具」の新作を発表します。これまで発表した「かみの道具」とあわせて、ご覧頂ければ幸いです。
参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

『かみの工作所』では、さまざまなデザイナーと共同で 紙を加工したモノの可能性を追求しています。 今回は、8組のデザイナーが参加して、 暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。 誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、 折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。 この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。
くわしくはこちら



「かみの道具展」

会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

つくし文具店の2周年を記念して、 5組のデザイナーが参加し、 紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。 デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで 折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から どのような道具が生み出されるのか。 トレー、ファイル、アドレス帳、メガネ、ゴミパックなど 5組のデザイナーが手がけた紙の道具の実物を展示、販売します。
トクショクシコウ展 いよいよ開催!

先日よりお伝えしておりました、「トクショクシコウ展」がいよいよ数日後から開催されます。

現在福永紙工では展覧会の最終調整を急ピッチで進行中。

会場で配布する資料を印刷したり製品をパッケージしたりと相変わらずバッタバタです。。。

そんな展示作品を今回は少しだけ先行してご紹介しようと思います。





折水引|大友学|赤

「1枚の紙から「抜きと折り」のみで水引を表現した祝儀袋。水引に見立て単純化されたパーツは切り取られることなく、印刷された赤色と紙の白色を互い違いに表現します。現代的でシンプルな表情の中に、日本の伝統的な様式美がしっかりと息づくデザインは、礼節を保ちつつも堅苦しくなりがちな慶事に温かみと楽しさを添えてくれます。(大友)」





MyTube|菊地敦己|青

「3パーツの紙管からなる、ペンケースです。中間パーツに仕切りが入っているため、下部はペンケース、上部はクリップや付箋などの小物入れになっています。中間パーツを抜いてコンパクトに使うことも出来ます。もちろん、粒状チョコレートを入れることも出来ます。表面は、ホワイトオペークと高発色の特色ブルーのサイズの違う格子柄が重なり合い、うっすらとしたマチエールを作っています。(菊地)」





PAPER PIECE|NIIMI|白

「PAPER PIECEは一筆戔や菓子敷に使える、小さな和紙のかけらです。いくつかつながっていて、用途に合わせてミシン目で切り離して使えます。一筆戔としてちょっとした気持ちを優しく伝えたり、2個つなげてカードとして贈り物に添えたり、おもてなしに小さな菓子敷としても使えます。(NIIMI)」





ToNoTe|藤森泰司|茶

「トノートは、つなげられるノートです。ミシン目に沿って表紙の一部をきりとると、もうひとつのノートの背表紙のポケットにさしこむことができます。そしてそれを繰り返していくことで、どんどんノートがつながっていきます。

既存の道具を少しだけ進化させることで、道具と使い手との新しい対話が生まれること。トノートは、そうした意識でデザインしました。(藤森)」





空気の器|トラフ建築設計事務所|緑

「空気を包みこむように、かたちを自由に変えられる紙の器です。広げ方によって、小皿や小鉢、花瓶など用途に合わせて自由なかたちをつくることができます。紙なので薄くて軽く、器になると張りと強度がでます。紙の表と裏で色が異なるため、見え方によって印象の変わる不思議な器です。(トラフ)」





THREAD LID(ネジフタ)|三星安澄|銀

THREAD LIDはネジのような蓋を持つ箱です。1枚の紙を折ることで、螺旋の形をした蓋とそれに嵌合する口が出来上がります。紙のしなやかさや摩擦と、折版構造の強さが柔らかいネジのような状態を作り出すことにより、嵌めやすく、はずれにくい箱になります。(三星)」



以上六作品が今回の新製品です。

いずれも印刷の特性、紙の特性を思考したものばかり。

この他にも、製品によっては色や形のバリエーションなど様々な展開をしています。パッケージも素敵ですよ!

試行錯誤のすえに出来上がった至高のプロダクトたち。

ぜひ実際に会場までお越しください。



写真:冨田里美



-----------------

かみの道具3 トクショクシコウ展

2010年1月29日(金)〜2月21日(日) 11:00〜19:00

AXIS リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」内

106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル B1F  TEL: 03-3587-2784



オープニングレセプション 2010年1月29日(金)18:30〜20:30





◎トークイベント

ワークトーク「特色を活かしたペーパープロダクトの発想とプロセス」

デザイナーの発想と完成までのプロセスは、人それぞれに「特色」があります。建築、プロダクト、グラフィックと、活躍するフィールドの違う6組のデザイナーが、印刷の「特色」を活かしたペーパープロダクトに同時に取り組むことで、その違いが浮きぼりになってきました。

このワークトークでは、デザイナーから一方的に話を聞くだけでなく、少人数グループで、それぞれのデザイナーと実際にデザインしたモノを目の前に対話し、その発想とプロセスにふれる時間をもうけたいと思います。

様々なジャンルのデザインのプロや学生はもちろん、デザインが好きな一般の方でも、モノがデザインされ、できるまでの裏側を知る愉しみな機会になると思います。

紙を加工してできる道具の可能性を指向する「かみの工作所」といっしょに、それぞれのデザイナーが、色から発想し、紙をいじり、工場とやりとりしながら試行錯誤の末にたどり着いたカタチの発想とプロセスに近づいてみませんか。

出演:

大友 学(デザイナー) トラフ建築設計事務所(建築家) 菊地 敦己(グラフィックデザイナー) NIIMI(デザイナー) 藤森 泰司(デザイナー) 三星 安澄(グラフィックデザイナー)

進行: 

萩原 修(かみの工作所/プロデューサー)

山田明良(かみの工作所/製造ディレクション)



日時:2010年2月13日(土)14:00〜16:00

会場:AXISビル 4F AXISギャラリー

参加費:無料 先着70名 (要予約)

ご予約/お問い合わせ:下記のメールアドレスにてお承りいたします。

lm-info@axisinc.co.jp

ご予約の際は、「お名前、ご予約人数、電話番号、職種」を記載の上お送り下さい。

ご返信をもちまして、ご予約の完了とさせていただきます。

※尚、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにご予約ください。

| | 2010.01.27 |