かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 」
○期間:7/20~8/3
○かみの工作所フェア 開催記念
寺田尚樹 実演販売会+トークショー with萩原修

○日時:7/31
 19:00-21:00 実演販売会
 21:00-21:30 トークショー
○場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店内カフェスペース 「かみの工作所フェア(7/20~8/3)」を記念して、「1/100建築添景セット」のデザイナー寺田尚樹氏の実演販売+トークショーを開催します。 あの添景セットはいかにして生まれたのか。当日は氏自らによる、添景セットの組み立て講座も開催。超絶テク&トークにご期待ください!


「かみの工作所 in オリオン書房」
立川発の「かみの工作所」に触れてみてください。
紙を加工してできる暮らしの道具を提案している「かみの工作所」が、実は、地元の立川にある紙の加工・印刷会社「福永紙工」のプロジェクトなのを知っていましたか。
「福永紙工」と、国立にある「つくし文具店」との出会いをきっかけに、2006年4月1日にはじまった「かみの工作所」は、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、そして建築家など様々なジャンルのデザイナーに声をかけ、紙を加工する現場を見てもらい、やりとりを重ねながら、これまでになかった独自の紙の道具を、丁寧につくっています。
今回、同じく地元の立川を中心に展開している「オリオン書房」では、「かみの工作所」の取り組みに共感し、フェアを開催することで、地元の方々にこのプロジェクトを知ってもらいたいと考えました。地域の企業が緩やかに連携することで、地域独自の文化が育まれることに少しでも貢献できたら幸いです。どうぞ、立川発の「かみの工作所」のつくり出す「紙の道具」を、手にとって、紙を加工する楽しさに触れてみてください。

○展示販売期間:7/27-8/31
○場所:オリオン書房 ルミネ店(8F)、ペーパーウォールエキュート立川店

○共催:オリオン書房、福永紙工株式会社


「国際見本市 インテリアライフスタイル」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。
「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクトです。 このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。 これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の 窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。 この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。
参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店

一枚の紙から何ができるのか。 こどもの頃に、誰もが経験している「かみの工作」 おとなになっても、忘れられない「かみの工作」 青山と国立の2カ所に期間限定の「かみの工作カフェ」が開店。 お茶でもしながら、かみと戯れる時間を楽しんでもらえると幸いです。
デザイナーによる「かみの道具」の販売や、「かみの工作教室」も予定しています。



「かみの道具展」

会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

かみの工作所では、さまざまなデザイナーと共同で、紙を加工したモノの可能性を追求しています。今回の展覧会では、6組のデザイナーによる、暮らしや仕事や遊びなどで使う「かみの道具」の新作を発表します。これまで発表した「かみの道具」とあわせて、ご覧頂ければ幸いです。
参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

『かみの工作所』では、さまざまなデザイナーと共同で 紙を加工したモノの可能性を追求しています。 今回は、8組のデザイナーが参加して、 暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。 誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、 折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。 この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。
くわしくはこちら



「かみの道具展」

会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

つくし文具店の2周年を記念して、 5組のデザイナーが参加し、 紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。 デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで 折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から どのような道具が生み出されるのか。 トレー、ファイル、アドレス帳、メガネ、ゴミパックなど 5組のデザイナーが手がけた紙の道具の実物を展示、販売します。
interiorlifestyle

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。



「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが

いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクト

です。

このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。

これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の

窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。

この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや

メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。



日時:6/3(水)〜6/5(金) 10:00〜18:00 

   (最終日は 16:30まで)



会場:東京ビックサイト



ブース番号:1F 西2ホール 18−20 



参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



DMデザイン:三星安澄



会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN



問い合わせ先:

福永紙工株式会社 190-0022 東京都立川市錦町6-10-4 

tel:042-523-1515  fax:042-527-4632



国際見本市インテリアライフスタイル 公式サイト

国際見本市インテリアライフスタイル かみの工作所ページ



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



【ご連絡】

展示会にともない、6/1〜7まで、ネットショップの発送業務を

お休みいたします。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


| イベント | 2009.05.31 |
美篶堂まつり

こんにちは、かみの工作所 工作員 神田です。

とても過ごしやすい季節になりました。



さて、イベントのおしらせです。

美篶堂さんのイベント

「美篶堂まつり・クリエーターによるフリーマーケット+ワークショップ」に、

かみの工作所が出展します。



美篶堂さんは、去年6月「かみの道具展2」を行った場所でもあります。

連休の最終日。お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。





●日時:2009年5月6日(水・祝) 11時〜17時

●会場:湯島聖堂内斯文(しぶん)会館

●出展者:

有田昌史 ・梶野沙羅・嘉瑞工房 ・Cyproduct/齋藤義幸  ・サルビア/セキユリヲ/サルビア給食室 ・seto ・SunREOR/竹村真由子・八朔ゴムはん/片岡知子 ・西浦玉美 ・mountainmountain/山下浩平 ・みやはらたかお ・yuruliku(ユルリク) ・るるる/横田茂+古田陽子+大橋渉・かみの工作所



●美篶堂

ショップ・工房・ギャラリー

〒101-0021

東京都千代田区外神田2-1-2

東進ビル本館1F

Tel : 03-3258-8181

http://www.misuzudo-b.com/index.html




| イベント | 2009.05.04 |
インテリアライフスタイル:フライヤー作ってます2



今日はフライヤーの加工の工程についてです。



福永紙工での加工は主に「抜き型」と呼ばれる、

木板に刃物をはめ込んだものを使います。



この抜き型をクッキーの型押しのように紙に押し付けることで、

紙に切り込みを入れたり、折りスジを入れたりすることが出来ます。



というと、型が出来ればあとは押し付けるだけのように思えますが、

実はここからが職人さんの腕の見せ所なのです。



さっき型を押し付けることで「切れ目」が出来ると説明しましたが、

「折りスジ」は紙の裏側にクッションのような雌型がないと出来ません。





鉄板に貼られた「雌型」となる紙片。既製品を使うこともありますが、微妙な場合は厚紙を切って作ります。



この雌型のサイズを調整することで、

厚い紙でも曲げられる大きなスジを作ったり、

逆にシャープな折り目がつけられる細いスジを作ったりすることが出来ます。



この雌型の調整が職人技なのです。



今回最初に提案して頂いた見本では、

角が少し丸みを帯びすぎているように思えました。



そこで、雌型をもっと細いものにすることで、

シャープな折りスジを作ってもらうように、

職人さんにお願いしました。





今回担当してくれた青木さん。ビク抜きのエキスパートです。



ところが折りスジを細くしすぎると、今度は折ったときに紙の表面が割れてしまいます。



幾つかやってみたところ、ちょうど良い折りスジの幅を調整することが出来ました。





角がぴしっ!と出来ています。谷折りの所は折りスジではなくて、ミシン目を選びました。



こうして今回のフライヤーの出来上がりです。



今回のフライヤーの形の意味は会場に来て頂ければわかります。

寺田尚樹さんデザインの会場も「かみの工作所」ならでは。



ぜひインテリアライフスタイルにお越しください!



---------------------------

かみの工作所 at interiorlifestyle



http://www.interior-lifestyle.com/

2009年6月3日〜6月5日 

会  期:2009年6月3日(水) 〜 5日(金) 

開催時間:10:00 〜 18:00 (最終日は 16:30まで)

会  場:東京ビッグサイト 西1・2・3・4ホール + アトリウム

     かみの工作所ブース 西2ホール18-20


| イベント | 2009.05.01 |