かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 」
○期間:7/20~8/3
○かみの工作所フェア 開催記念
寺田尚樹 実演販売会+トークショー with萩原修

○日時:7/31
 19:00-21:00 実演販売会
 21:00-21:30 トークショー
○場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店内カフェスペース 「かみの工作所フェア(7/20~8/3)」を記念して、「1/100建築添景セット」のデザイナー寺田尚樹氏の実演販売+トークショーを開催します。 あの添景セットはいかにして生まれたのか。当日は氏自らによる、添景セットの組み立て講座も開催。超絶テク&トークにご期待ください!


「かみの工作所 in オリオン書房」
立川発の「かみの工作所」に触れてみてください。
紙を加工してできる暮らしの道具を提案している「かみの工作所」が、実は、地元の立川にある紙の加工・印刷会社「福永紙工」のプロジェクトなのを知っていましたか。
「福永紙工」と、国立にある「つくし文具店」との出会いをきっかけに、2006年4月1日にはじまった「かみの工作所」は、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、そして建築家など様々なジャンルのデザイナーに声をかけ、紙を加工する現場を見てもらい、やりとりを重ねながら、これまでになかった独自の紙の道具を、丁寧につくっています。
今回、同じく地元の立川を中心に展開している「オリオン書房」では、「かみの工作所」の取り組みに共感し、フェアを開催することで、地元の方々にこのプロジェクトを知ってもらいたいと考えました。地域の企業が緩やかに連携することで、地域独自の文化が育まれることに少しでも貢献できたら幸いです。どうぞ、立川発の「かみの工作所」のつくり出す「紙の道具」を、手にとって、紙を加工する楽しさに触れてみてください。

○展示販売期間:7/27-8/31
○場所:オリオン書房 ルミネ店(8F)、ペーパーウォールエキュート立川店

○共催:オリオン書房、福永紙工株式会社


「国際見本市 インテリアライフスタイル」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。
「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクトです。 このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。 これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の 窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。 この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。
参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店

一枚の紙から何ができるのか。 こどもの頃に、誰もが経験している「かみの工作」 おとなになっても、忘れられない「かみの工作」 青山と国立の2カ所に期間限定の「かみの工作カフェ」が開店。 お茶でもしながら、かみと戯れる時間を楽しんでもらえると幸いです。
デザイナーによる「かみの道具」の販売や、「かみの工作教室」も予定しています。



「かみの道具展」

会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

かみの工作所では、さまざまなデザイナーと共同で、紙を加工したモノの可能性を追求しています。今回の展覧会では、6組のデザイナーによる、暮らしや仕事や遊びなどで使う「かみの道具」の新作を発表します。これまで発表した「かみの道具」とあわせて、ご覧頂ければ幸いです。
参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

『かみの工作所』では、さまざまなデザイナーと共同で 紙を加工したモノの可能性を追求しています。 今回は、8組のデザイナーが参加して、 暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。 誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、 折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。 この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。
くわしくはこちら



「かみの道具展」

会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

つくし文具店の2周年を記念して、 5組のデザイナーが参加し、 紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。 デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで 折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から どのような道具が生み出されるのか。 トレー、ファイル、アドレス帳、メガネ、ゴミパックなど 5組のデザイナーが手がけた紙の道具の実物を展示、販売します。
インテリアライフスタイル:フライヤー作ってます





かみの工作員の三星です。



かみの工作所は、これまで作ってきた製品をより多くの方に見て頂くために

6月のインテリアライフスタイルへの出展を決定致しました。



現在、工作所内はその準備でおおあらわですが、

私三星はみなさんにお配りするフライヤーを担当しました。





今回のフライヤーもかみの工作所ならではの印刷有り、加工有りの「ありあり」仕様です。



福永紙工では印刷→加工→完成まで、最低4日以上かかります。

というと、納品までの日数が多いように感じますが、

ゆっくりと時間をかけて紙を休ませることで、

精度が高まり、よりきれいな製品へと仕上がるのです。





まずは印刷の工程です。





今回のフライヤーは色付き紙へスミ一色という簡素なものでしたが、

ベタなスミだけに、より濃い黒にしてくださいとお願いしてきました。







そして出来上がった刷り見本。

しっかりとスミが載っていますが、細かい部分もつぶれることなく、

とてもきれいに仕上がっています。



秘密は特別に調合した黒インクだと教えてもらいました。

一発できれいにスミを出しながら、乾きやすさもキープし、

細かいところがつぶれないようにするのが職人芸だそうです。





ピカチュー!のようなフライヤーが出来かけています。



次回に加工の工程を紹介致します。





三星

| イベント | 2009.04.28 |
つくし玩具店

10日間だけ、「つくし文具店」にかみの工作所製品も並んでいます。

そこで昨日は、お手伝いに行ってきました。

普段は工作所にいるので、なかなかお客さまとお話する機会はありませんが、

実際にお話できてとてもたのしい一日となりました。



今日から玩具教室もはじまります。

お散歩がてら お花見がてら ぜひぜひ神楽坂へお越し下さい。











つくし文具店

http://www.tsu-ku-shi.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神楽坂に10日間だけ、「つくし文具店」がオープン。

ふだんは、「つながる くらしと しごと」をテーマに東京郊外の国立で活動する

「つくし文具店」ですが、よくみると「玩具」らしきモノもたくさん並んでいます。

そこで、思い切って「つくし玩具店」と名乗ったらどうなるか、試してみることに

しました。テーマは「つんだり くんだり しこうさくご」。

玩具店なので、かるたや積み木などで遊べるコーナーもあります。



4/3(金)〜4/12(日)

12:00〜20:00

会場:神楽坂フラスコ

東京都新宿区神楽坂6-16

tel:03-3260-9055

http://www.frascokagurazaka.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| イベント | 2009.04.06 |
AERA

建築模型用添景セットが、AERA No.16(P.95)ART BIT++に

紹介していただきました。



とても楽しげな写真なので、ぜひご覧ください。










| プレス | 2009.04.06 |
趣味の道具箱

かみの工作所製品のワックスペーパーファイルワックスペーパーポケットが、

「趣味の道具箱」vol.13(P.129)に紹介していただきました。










| プレス | 2009.04.06 |