かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 」
○期間:7/20~8/3
○かみの工作所フェア 開催記念
寺田尚樹 実演販売会+トークショー with萩原修

○日時:7/31
 19:00-21:00 実演販売会
 21:00-21:30 トークショー
○場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店内カフェスペース 「かみの工作所フェア(7/20~8/3)」を記念して、「1/100建築添景セット」のデザイナー寺田尚樹氏の実演販売+トークショーを開催します。 あの添景セットはいかにして生まれたのか。当日は氏自らによる、添景セットの組み立て講座も開催。超絶テク&トークにご期待ください!


「かみの工作所 in オリオン書房」
立川発の「かみの工作所」に触れてみてください。
紙を加工してできる暮らしの道具を提案している「かみの工作所」が、実は、地元の立川にある紙の加工・印刷会社「福永紙工」のプロジェクトなのを知っていましたか。
「福永紙工」と、国立にある「つくし文具店」との出会いをきっかけに、2006年4月1日にはじまった「かみの工作所」は、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、そして建築家など様々なジャンルのデザイナーに声をかけ、紙を加工する現場を見てもらい、やりとりを重ねながら、これまでになかった独自の紙の道具を、丁寧につくっています。
今回、同じく地元の立川を中心に展開している「オリオン書房」では、「かみの工作所」の取り組みに共感し、フェアを開催することで、地元の方々にこのプロジェクトを知ってもらいたいと考えました。地域の企業が緩やかに連携することで、地域独自の文化が育まれることに少しでも貢献できたら幸いです。どうぞ、立川発の「かみの工作所」のつくり出す「紙の道具」を、手にとって、紙を加工する楽しさに触れてみてください。

○展示販売期間:7/27-8/31
○場所:オリオン書房 ルミネ店(8F)、ペーパーウォールエキュート立川店

○共催:オリオン書房、福永紙工株式会社


「国際見本市 インテリアライフスタイル」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。
「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクトです。 このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。 これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の 窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。 この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。
参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店

一枚の紙から何ができるのか。 こどもの頃に、誰もが経験している「かみの工作」 おとなになっても、忘れられない「かみの工作」 青山と国立の2カ所に期間限定の「かみの工作カフェ」が開店。 お茶でもしながら、かみと戯れる時間を楽しんでもらえると幸いです。
デザイナーによる「かみの道具」の販売や、「かみの工作教室」も予定しています。



「かみの道具展」

会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

かみの工作所では、さまざまなデザイナーと共同で、紙を加工したモノの可能性を追求しています。今回の展覧会では、6組のデザイナーによる、暮らしや仕事や遊びなどで使う「かみの道具」の新作を発表します。これまで発表した「かみの道具」とあわせて、ご覧頂ければ幸いです。
参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

『かみの工作所』では、さまざまなデザイナーと共同で 紙を加工したモノの可能性を追求しています。 今回は、8組のデザイナーが参加して、 暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。 誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、 折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。 この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。
くわしくはこちら



「かみの道具展」

会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

つくし文具店の2周年を記念して、 5組のデザイナーが参加し、 紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。 デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで 折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から どのような道具が生み出されるのか。 トレー、ファイル、アドレス帳、メガネ、ゴミパックなど 5組のデザイナーが手がけた紙の道具の実物を展示、販売します。
かみの道具展2 終了しました。



二週間に渡り、御茶ノ水は美篶堂(みすずどう)さんで開催していた「かみの道具展2」無事終了致しました。





期間中、本当に多くのお客さんにお越し頂きました。何度もリピーターでいらして頂いた方や、是非工場に見学に行きたい!という方や今後のことをアドバイスしてくれた方など、多くの方が「かみの工作所」に興味を持って頂けたようです。

ありがとうございます。







今回発表した製品のいくつかは今後「つくし文具店」での販売を検討しております。

今回お越しいただけなかった方や、もっと欲しい!という方は国立まで足を運んで頂ければと思います。



かみの工作所 http://www.kaminokousakujo.jp/

つくし文具店 http://www.tsu-ku-shi.net/




















| イベント | 2008.06.24 |
かみの道具展2いよいよ開催しました!



前回お伝えした「かみの道具展2」がついに開催致しました!



今回は御茶ノ水は美篶堂(みすずどう)ギャラリーをお借りして、6組のデザイナーによる6アイテムの紙製品を発表致します。



前日までの雨降りを吹き飛ばすかのような晴天の元、オープニングの10日には本当にたくさんの方にお越しいただきました。



ここでは今回の製品をちょっとだけ公開致します。







まずは折形デザイン研究所による「内ろっかく」です。

一枚の紙の折筋を折りあげると、立体の箱ができあがります。

この形をささえているのは、内にある六角形。この六角形の稜線が起き上がり、折板構造となり箱を支えてています。紙のサイズは、洋紙の定型A3、A4、A5。大、中、小の3サイズ。水引やシールを使って自由にアレンジ。贈り物の箱にしてはいかがでしょう。(折形デザイン研究所)
紙が描くなめらかな曲線の屋根がとても美しく印象的です。

さすが折形さん!と思わせる、納得の一品。

今回は特別に折形特製の和三盆とのセットも販売中です。

●内ろっかく(A3,A4,A5各1枚三枚組セット)¥945(税込み)

●和三盆干菓子(内ろっかくに7個入り)¥1260(税込み)

●和三盆干菓子(内ろっかくに3個入り)¥577(税込み)








次は三浦秀彦さんの「紙箒・紙塵取」

B5サイズの紙に最小限の加工を加え道具に変える試みです。紙の持つ清らかなイメージと素材の特性を活かし掃除道具を作りました。収納も場所を取らず、掃除機を使うまででもないちょっとした掃除やテーブル、デスクトップの掃除に使えます。紙なので長期間使用することは不可能ですが、取り替えることで清らかさを保つことができます。物理的に塵を取り除くだけではなく、モノと行為を通じて「心の掃除」もできると良い。(三浦秀彦)
事前お披露目会でもっとも歓声があがったのが本作品でした。

1枚の紙から箒(ほうき)が出来上がる瞬間は絶叫ものの興奮があります。

●紙箒・紙塵取 ¥1,260(税込み)







続いては梶本博司さんの「紙の壷」

500mlのペットボトルは消費の激しい飲料容器のひとつです。

捨てるときに躊躇するぐらいプロダクトとしての完成度は高くもったいないから花を生けて花器としても十分使えます。

でもどこか寂しさが・・・

そこで紙にスリットを入れた「ISS」にペットボトルを投入すると「紙の壷」のできあがり。 壷の形状はペットボトルの微妙な

高さに左右されスリムな壷から太めの壷まで自由に作れます。

紙なので模様を書いて楽しめますよ。(梶本博司)
梶本さんのお家芸「イカそーめん」が壷になってやってきました!

ペットボトルにセットしたときの紙の広がりはとても美しく、そしてなんだか愉快です(笑

●紙の壷 ¥1,050(税込み)









そしてミリメーターさんの「LITE LITE」です。

紙の四角い懐中電灯。

にぎると光る。はなすと消える。

とてもシンプルなしくみ。

四角い光線と紙から透けるやわらかいあかり。

照らすことと灯すこと。

ろうそくのような懐中電灯。(ミリメーター)
「紙で懐中電灯」と聞くとまさか?と考えるとおもいますが、握ってみると、照度、使い心地ともに充分です。

パッケージも薄く、組み立ても簡単なので、災害用に1枚備えても良いかもしれません。

●LITE LITE ¥1,050(税込み)







そして寺田尚樹さんによる「1/100建築模型用添景セット NO.1住宅編」

徹夜続きの設計事務所スタッフに朗報!!

プレカットされたパーツを台紙から切り離し、折り曲げるだけで簡単に組み立てることができる、建築模型用添景セットシリーズ第一弾、住宅編です。

ディテールを省略したシンプルで控えめな造形は、汎用性に富み、模型のスケール感を引き立たせます。1/100スケール。(寺田尚樹)
レーザーカットされた添景セットは見ているだけでため息が漏れるほどのかっこよさです。

さらに本作を使った添景モデルも展示中。こちらも必見です。

●1/100建築模型用添景セット NO.1住宅 ¥1,575(税込み)





そして最後は私三星の「square to [PAPER CASE]」です。

「square to」は四角い紙から様々な形のプロダクトを作るシリーズです。第一回は名刺入れ。切り込みや折りスジに従って折り込むことで名刺入れが出来上がります。12色ワンセット。両面違う色の紙を使用しているので、折り方を逆にすることで表と裏を入れ替えることも可能です。

(三星安澄)
元々パッケージ用に考えられていた展開図を名刺用に作り替えました。真四角の紙がくるりと箱になる動きはちょっと驚きです。

カラバリがとにかく豊富なので、色々と試してみて下さい。

●square to [PAPER CASE] ¥1,890(税込み)



以上6点のかみの道具が今回の出品です。

いずれもかみの特徴を活かした製品が出来上がりました。



かみの道具展2は6/22まで。

是非いらして下さい!



-------------------------------------------------



「かみの道具展2」

2008.6.10-6.22 11:00-20:00(土日祝は18:00まで 月曜定休)



参加デザイナー:折形デザイン研究所/梶本博司/寺田尚樹/三浦秀彦/ミリメーター/三星安澄

主催:かみの工作所

企画:萩原 修

製造ディレクション:山田明良

会場・グラフィックデザイン:三星安澄





美篶堂ショップ・工房・ギャラリー http://www.misuzudo-b.com/

〒101-0021東京都千代田区外神田2-1-2 東進ビル本館1F

Tel : 03-3258-8181

-------------------------------------------------

| イベント | 2008.06.12 |