かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 」
○期間:7/20~8/3
○かみの工作所フェア 開催記念
寺田尚樹 実演販売会+トークショー with萩原修

○日時:7/31
 19:00-21:00 実演販売会
 21:00-21:30 トークショー
○場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店内カフェスペース 「かみの工作所フェア(7/20~8/3)」を記念して、「1/100建築添景セット」のデザイナー寺田尚樹氏の実演販売+トークショーを開催します。 あの添景セットはいかにして生まれたのか。当日は氏自らによる、添景セットの組み立て講座も開催。超絶テク&トークにご期待ください!


「かみの工作所 in オリオン書房」
立川発の「かみの工作所」に触れてみてください。
紙を加工してできる暮らしの道具を提案している「かみの工作所」が、実は、地元の立川にある紙の加工・印刷会社「福永紙工」のプロジェクトなのを知っていましたか。
「福永紙工」と、国立にある「つくし文具店」との出会いをきっかけに、2006年4月1日にはじまった「かみの工作所」は、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、そして建築家など様々なジャンルのデザイナーに声をかけ、紙を加工する現場を見てもらい、やりとりを重ねながら、これまでになかった独自の紙の道具を、丁寧につくっています。
今回、同じく地元の立川を中心に展開している「オリオン書房」では、「かみの工作所」の取り組みに共感し、フェアを開催することで、地元の方々にこのプロジェクトを知ってもらいたいと考えました。地域の企業が緩やかに連携することで、地域独自の文化が育まれることに少しでも貢献できたら幸いです。どうぞ、立川発の「かみの工作所」のつくり出す「紙の道具」を、手にとって、紙を加工する楽しさに触れてみてください。

○展示販売期間:7/27-8/31
○場所:オリオン書房 ルミネ店(8F)、ペーパーウォールエキュート立川店

○共催:オリオン書房、福永紙工株式会社


「国際見本市 インテリアライフスタイル」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。
「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクトです。 このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。 これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の 窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。 この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。
参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店

一枚の紙から何ができるのか。 こどもの頃に、誰もが経験している「かみの工作」 おとなになっても、忘れられない「かみの工作」 青山と国立の2カ所に期間限定の「かみの工作カフェ」が開店。 お茶でもしながら、かみと戯れる時間を楽しんでもらえると幸いです。
デザイナーによる「かみの道具」の販売や、「かみの工作教室」も予定しています。



「かみの道具展」

会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

かみの工作所では、さまざまなデザイナーと共同で、紙を加工したモノの可能性を追求しています。今回の展覧会では、6組のデザイナーによる、暮らしや仕事や遊びなどで使う「かみの道具」の新作を発表します。これまで発表した「かみの道具」とあわせて、ご覧頂ければ幸いです。
参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

『かみの工作所』では、さまざまなデザイナーと共同で 紙を加工したモノの可能性を追求しています。 今回は、8組のデザイナーが参加して、 暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。 誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、 折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。 この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。
くわしくはこちら



「かみの道具展」

会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

つくし文具店の2周年を記念して、 5組のデザイナーが参加し、 紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。 デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで 折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から どのような道具が生み出されるのか。 トレー、ファイル、アドレス帳、メガネ、ゴミパックなど 5組のデザイナーが手がけた紙の道具の実物を展示、販売します。
かみの工作展:まもなく開催!





前回の工作帖でもお伝えしましたが、いよいよ「かみの工作展」が原宿アシストオンにて開催されます。



今回は、8組のデザイナーが参加して、暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。

誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。

この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。



「かみの工作展」

2008.2.15-2.28(水曜定休)

11:00-20:00(日祭日は18:00まで)



アシストオン http://www.assiston.co.jp/

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-23-1 NODERA BLDG 3F

phone 03-5772-5172 facsimile 03-5772-5173





ここでは今回発表する製品を少しだけ紹介致します。





まずは新作その1。EDUの「白黒動物」です。

なにやら不思議な模様に型抜きされた厚紙を組立てると、なんとかわいい動物に!

組立てる前に何の動物か想像すると楽しいですよ。

1セット6枚入 1200円(税別)





そして新作その2は萩原修さんとのぐちようこさんによる、「コドモのどうぐばこカルタ」です。

これは最近萩原さんが執筆された「コドモのどうぐばこ」(オレンジページ刊)に出てくる言葉とイラストをカルタとしてまとめた製品です。

カルタの背面にもイラストが描かれていて、カルタ合わせをしても楽しいですよ。

1500円(税別)





新作のその3の「ことりのモビール」はアニマルラバーバンドで有名なpasskey designさんたちのデザイン。型抜きされたことりたちを雲形定規の枝(?)にとりつけます。





白と黒の二週類が入っているので、写真のようにミックスしてもかわいいですね。

1セット2枚入 1200円(税別)





そして新作のトリを飾るのは梶本博司さんの「いかそうめんシステムライト」です。

名前に反して(?)、とてもエレガントな外観。実はこれ軸を回転させることで、周りのひだの部分が蕾のように開き/閉じるのです。

こちらは販売は出来ずで展示のみになりますが、皆さん是非、そうめんに触りに来て下さい。





そしてこちらはdrilldesignさんの「block tray」

今回改良を加えて、背中がピーン。さらにブロック感が増しております。

20種類 各900円(税別)





そしてこちらも改良した三星安澄さんの「p-g かみめがね」

折り畳めるコンパクトサイズになっての登場です。

6種類 300円(税別)





こちらはandesignさんの「address tray」

ロングとショートの二種類を展示します。

ロング 1800円/ショート 1800円(税別)





そして最後に紹介するのが大治将典さんの「wax paper file」です。

前回の「かみの道具展」でも大人気だった本作を再生産しての登場です。

1セット3枚入 500円(税別)





紙の可能性を切り開いたといっても過言ではない本展覧会。

是非足を運んで下さい!




| イベント | 2008.01.31 |
かみの工作所より2つのお知らせ



かみの工作帖をご覧のみなさん、こんにちは。

かみの工作所ディレクターの三星です。



今日はかみの工作所から皆さんに2つのビッグな発表があります!



一つは、グラフィックデザイナーならみんな持っているという、

あの「デザインのひきだし」(グラフィック社刊)に

かみの工作所が取り上げられることになりました!



紙の加工を特集した今回の号では、

かみの工作所でこれまでデザイナーと作ってきたものや、

かみの工作所のこれからをプロデューサーの萩原さん、福永紙工の山田さん、そして私の三人で語ったページなど、見所満載の一冊となっています。





取材されている様子。型抜き機の前で専門的な質問が飛び交います。



その他にも福永紙工として加工の説明や、付録となる加工見本のデザイン、表紙の加工なども担当させて頂きました。



今回の付録や表紙の加工はかなり難しかったのですが、現場の職人との連携で満足のいく仕上りで出荷することが出来ました。





今回抜きを担当してくれた御手洗さん。抜きは木型を押し付けるだけで出来るわけではありません。刃の強弱の微調整が仕上りの決め手になります。今回はデザイナーと顔を突き合わせながら、微調整を繰り返すことで、満足いく形で調整することが出来ました。





そして出来上がった付録の紙立体。シャープなエッジが立っています。幾何学的な形をした立体にかみの工作所で出来る加工のサンプルが詰まっています。



表紙、付録、記事と、まさにかみの工作所+福永紙工を知るには恰好の一冊となっています。



発売は1月の末日。

みなさん、是非お近くの書店にてお買い求め下さい!!









そしてもう一つは展示会のご連絡です。

昨年の6月につくし文具店にて開催しました、「かみの道具展」がスケールアップして、原宿のアシストオンにて行うことが決定しました!



「かみの工作展」

2008.2.15-2.28(水曜定休)

11:00-20:00(日祭日は18:00まで)




新作アイテムも4つほど用意しての展示会になります。

梶本博司さんの「イカソーメンシステムランプ+ゴミ箱」。

eduさんの「白黒動物」

パスキーデザインさんの「ことりのモビール」

そしてのぐちようこさんの「コドモのどうぐばこかるた」。



また前回の展示会で発表した「ブロックトレイ」「p-g かみめがね」も改良しての発表となります。



紙の可能性の一端が垣間みれる展示会になる予定です。

みなさんこちらも是非お越し下さい!





「デザインのひきだし」グラフィック社 http://www.graphicsha.co.jp



アシストオン http://www.assiston.co.jp/

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-23-1 NODERA BLDG 3F

phone 03-5772-5172 facsimile 03-5772-5173



| | 2008.01.10 |