かみの工作帖について
かみの工作所の工作員による雑記帖です。日々の活動をお伝えします。
>>>かみの工作所
カテゴリー


イベント

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 」
○期間:7/20~8/3
○かみの工作所フェア 開催記念
寺田尚樹 実演販売会+トークショー with萩原修

○日時:7/31
 19:00-21:00 実演販売会
 21:00-21:30 トークショー
○場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店内カフェスペース 「かみの工作所フェア(7/20~8/3)」を記念して、「1/100建築添景セット」のデザイナー寺田尚樹氏の実演販売+トークショーを開催します。 あの添景セットはいかにして生まれたのか。当日は氏自らによる、添景セットの組み立て講座も開催。超絶テク&トークにご期待ください!


「かみの工作所 in オリオン書房」
立川発の「かみの工作所」に触れてみてください。
紙を加工してできる暮らしの道具を提案している「かみの工作所」が、実は、地元の立川にある紙の加工・印刷会社「福永紙工」のプロジェクトなのを知っていましたか。
「福永紙工」と、国立にある「つくし文具店」との出会いをきっかけに、2006年4月1日にはじまった「かみの工作所」は、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、インテリアデザイナー、そして建築家など様々なジャンルのデザイナーに声をかけ、紙を加工する現場を見てもらい、やりとりを重ねながら、これまでになかった独自の紙の道具を、丁寧につくっています。
今回、同じく地元の立川を中心に展開している「オリオン書房」では、「かみの工作所」の取り組みに共感し、フェアを開催することで、地元の方々にこのプロジェクトを知ってもらいたいと考えました。地域の企業が緩やかに連携することで、地域独自の文化が育まれることに少しでも貢献できたら幸いです。どうぞ、立川発の「かみの工作所」のつくり出す「紙の道具」を、手にとって、紙を加工する楽しさに触れてみてください。

○展示販売期間:7/27-8/31
○場所:オリオン書房 ルミネ店(8F)、ペーパーウォールエキュート立川店

○共催:オリオン書房、福永紙工株式会社


「国際見本市 インテリアライフスタイル」
会期:2009年6月3日(水)~6月5日(金)
会場:東京ビックサイト

楽しい時間が「かみの道具」からはじまります。
「かみの工作所」は紙の印刷と加工を得意とする福永紙工とデザイナーが いっしょになって「かみの道具」の新しい可能性を追求するプロジェクトです。 このたび、2009年6月インテリアライフスタイルに出展することになりました。 これまで3年間にわたって発表してきた「かみの道具」を商品化し、販売の 窓口を拡げることで、より多くの方に楽しんでいただければと考えています。 この機会に、「かみの道具」に興味のあるショップをはじめ、デザイナーや メディア関係者の皆様に手にとってじっくりとご覧いただければ幸いです。
参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、ドリルデザイン、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター
DMデザイン:三星安澄
会場デザイン:寺田尚樹+TERADADESIGN


「かみの工作cafe」
会期:2008年10月22日~11月17日
場所:折形デザイン研究所、国立本店

一枚の紙から何ができるのか。 こどもの頃に、誰もが経験している「かみの工作」 おとなになっても、忘れられない「かみの工作」 青山と国立の2カ所に期間限定の「かみの工作カフェ」が開店。 お茶でもしながら、かみと戯れる時間を楽しんでもらえると幸いです。
デザイナーによる「かみの道具」の販売や、「かみの工作教室」も予定しています。



「かみの道具展」

会期:2008年6月10日~6月22日
場所:美篶堂ショップ・工房・ギャラリー

かみの工作所では、さまざまなデザイナーと共同で、紙を加工したモノの可能性を追求しています。今回の展覧会では、6組のデザイナーによる、暮らしや仕事や遊びなどで使う「かみの道具」の新作を発表します。これまで発表した「かみの道具」とあわせて、ご覧頂ければ幸いです。
参加デザイナー|折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター



「かみの工作展」
会期:2008年2月15日(金)~2月28日(木)
場所:assist on

『かみの工作所』では、さまざまなデザイナーと共同で 紙を加工したモノの可能性を追求しています。 今回は、8組のデザイナーが参加して、 暮らしや仕事や遊びなどで使う『かみの道具』を提案・販売します。 誰でも身近にある紙ですが、新しい発想で、 折ったり穴をあけたりすることで、どんなモノができるのか。 この機会に、その可能性の一旦を見ていただければ幸いです。
くわしくはこちら



「かみの道具展」

会期:2007年6月5日(火)~7月29日(日)
場所:つくし文具店

つくし文具店の2周年を記念して、 5組のデザイナーが参加し、 紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。 デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで 折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から どのような道具が生み出されるのか。 トレー、ファイル、アドレス帳、メガネ、ゴミパックなど 5組のデザイナーが手がけた紙の道具の実物を展示、販売します。
かみの道具展:作品の紹介

つくし文具店にて、「かみの道具展」が開催されました。

(詳細は↓の雑記帖で。)



ここでは各デザイナーの作品を少しだけ、紹介致します。





一見何かの動物のように見えますが、これ、なんとアドレス帳なんです。

この製品はandesignさんたちによるもの。

背中のこぶの間に鉛筆を置くことが出来たり、スムーズにカードを取り外すことが出来たりと、実はとても機能的な形なのです。







続いての製品は大治将典さんデザインのワックスペーパーファイルです。

使えば使うほどに味がでるワックスペーパーを使ったクリアファイル。

留めの部分は縫ってあったりと、細部までこだわりのファイルです。







signさんは日替わりで交換出来る壁掛けのゴミ箱をデザインしました。

壁に留めて、ゴミが溜まったら、そのままポイッと捨てられます。

ナンバリングもされていて、毎日ちょっとずつ違う紙のゴミ袋が表れます。







ドリルデザインさんは紙で出来たトレーを作りました。

正方形の紙に色々な折りスジが入っていて、それを折っていくと立体的なトレーが出来上がります。

折ることで紙が立体になり、構造的にも強くなりと、さすがのデザインです。

形も全部で五種類あり、五條製紙の紙との相性もばっちりです。





最後に紹介するのは三星安澄さんのかみの眼鏡。

パーティグッズの様相を呈していますが、さにあらず。ちゃんと実用的な眼鏡なんです。

レンズは入っていないのに、目が見えるようになる不思議な眼鏡です。





見事に五者五様のかみの道具が揃いました。

かみという素材のもつ、強さ、弱さ、味、汎用性、簡易性。それぞれを各デザイナーが引き出して、かみで出来る新しい可能性にチャレンジしました。

かみの工作所の(約)1周年としても、素晴らしい成果です。







かみの道具展は7/29まで。

是非実物をご覧になって下さい。





つくし文具店 http://www.tsu-ku-shi.net/

用紙提供:五條製紙 http://www.gojo.co.jp/


| イベント | 2007.06.11 |
かみの道具展!開催中!!

『かみの道具展』

5人のデザイナーが考える紙のある生活



つくし文具店の2周年を記念して、

5組のデザイナーが参加し、

紙を使った生活の中の道具を提案する展覧会を開催します。



デザイナーの柔軟な発想と執拗なこだわりで

折る、曲げる、穴をあけるなどの紙の加工から

どのような道具が生み出されるのか。



○会期    6月5日(火)〜7月29日(日) 

       12:00〜17:00

○オープニング 6月9日(土)15:00〜17:00

○会場    つくし文具店

○ 参加予定デザイナー

andesign

大治将典

sign

DRILL DESIGN

三星安澄

| イベント | 2007.06.01 |